弁護士費用(消費税別)

交通事故

相談料・着手金:無料
報酬:相手方より賠償を受けた金額の15%
実費:郵便切手代、収入印紙代などの実費

※弁護士費用は賠償を受けた金銭で最後に精算しますので、ご依頼いただく際に弁護士費用は不要です(実費のみお預かり)。「弁護士費用特約」を利用する場合、(旧)日本弁護士連合会報酬基準規程により弁護士費用を算定します。

債務整理

自己破産申立

(1)原則 20万円
※実費として2万円程度が別途必要となります。

※報酬なし

(2)破産管財事件 30万円
事業をしていた方、浪費など免責に問題がある方は、破産管財人が選任される事件になる場合があります。
そのような場合は、裁判所の収める費用として20万5000 円、実費2万円程度が別途必要になります。

個人再生申立

個人の方:25万円
個人事業主、法人代表の方:35万円

※報酬なし
※実費として3万円程度が別途必要となります。

※個人再生委員が選任された場合、裁判所への予納金として20万円程度が別途必要となります。弁護士が代理人として申し立てる場合、原則として、個人再生委員が選任されることはありません。

任意整理

着手金:1社につき2万円(最低額5万円)
報酬:減額した金額の10%

過払い

着手金:1社につき2万円(最低額5万円)
報酬:減額した金額の10%+返還を受けた金額の20%

相続・遺言

1.遺言書作成

通常の遺言の場合:10万円
複雑なもの:15~30万円(別途お見積り)

※大部分のケースで、弁護士費用は10万円で収まります。
※公正証書遺言による場合、実費として公証人の費用が別途必要です。

2.遺産分割調停・審判

着手金:30万円(定額制)
実費:戸籍・不動産登記簿等の取り寄せ費用、郵券、収入印紙等
報酬:取得した遺産につき以下の金額

取得した遺産が300万円以下の場合:取得した額の8%
300万円~3,000万円の場合:取得した金額の10%+18万円
3,000万円以上の場合:取得した金額の6%+138万円

(例)遺産総額が3,000万円で、事件処理の結果、1,000万円を取得した場合

着手金:30万円(定額)
報酬:1,000万円×10%+18万円=118万円

※ご相談時に、着手金、報酬、実費の見積もりをお出しします。
※ご相談時にご説明した以外に費用がかかることはございません。

法人・個人事業者の方

法律相談料

1回1万円(1時間程度)

着手金、報酬

日本弁護士連合会の旧報酬基準規定により算定しています。多くの法律事務所が採用している一般的な基準です。
目安としては、着手金が経済的利益の5~8%、報酬が10~16%です。

※経済的利益とは、事件処理により得ようとする利益、あるいは得た利益をいい、金銭を請求する事件については、相手に請求する金額(あるいは、相手から請求されている金額)を意味します。

※不動産については、固定資産税評価を基準として算定します。
(例)売買代金として500万円を請求し、400万円を回収した場合。

着手金:500万円(請求額)×5%+9万円=34万円
報酬:400万円(回収額)×10%+18万円=58万円

※回収できなかった場合、報酬は発生しません。
※上記は原則で、事件処理の難易度、事務量の多寡、経済的利益の多寡等に応じ、適当妥当な金額となるよう努めています。
※ご相談時に、着手金、報酬、実費の見積もりをお出しします。
※ご相談時にご説明した以外に費用がかかることはございません。

法律問題でお困り事・お悩みはお気軽にご相談ください。

メールでのお問合せ