交通事故コラム

むち打ち症の症状固定時期~いつまで治療を続けられるのか

 むち打ち症(頸椎捻挫)の症状固定時期をいつにするのか、いつまで治療を続けるのかは、とても重要な判断です。

 被害者からすれば、まだ痛みが残っているし、元通りかそれに近い状態に治るまで治療を続けたいと思うものです。

他方で、あまり治療を長く続けても、後で裁判所によって治療の必要性が否定され、保険会社が病院に支払った治療費相当額が差し引かれることになります。最高裁判所の判例で、3か月で十分と判断したものもあります。

 いつまで治療を続けるべきなのかはケースバイケースですので、主治医とも相談しながら慎重に判断する必要があります。あえて一般的な基準を示すと、むち打ち症については、受傷から6か月程度で症状固定することが多いとはいえます。

 逆に6か月に満たない期間で症状固定すると、後遺障害に非該当と認定されることが多くなります。後遺障害というのは症状が持続的なものであることが前提となるからです。保険会社から、3~4か月の時点で、「症状が変わっていないので、症状固定されてはいかがですか。」、「主治医に後遺障害診断書を書いていただいて、後遺症を申請されてはいかがですか。」などと言われ、それに応ずると、後遺障害の申請をしても非該当と認定されることが多くなりますので、注意が必要です。


Fatal error: Call to undefined function get_custom_field_photos() in /export/sd06/www/jp/r/e/gmoserver/2/3/sd0024423/ando-law.jp/jiko/wp/wp-content/themes/ando-law/single-knowledge_pt.php on line 74